中古トラックのアルミバンの寸法について

中古トラックのアルミバンの寸法について

現在さまざまな種類や大きさのトラックを町中で見かけることが多くなっています。しかしこれらのトラックは種類によって大きさが決まっています。トラックの中にはアルミバンというものがたくさんありますが、ここには大きさや寸法があります。中型の4トントラックがありますが、これはメーカーや車種によってサイズや車両寸法、この他に荷台の大きさも異なっています。しかしこれら一つ一つのサイズを各メーカーに問い合わせるというのは大変な作業です。そこでインターネットなどを使って比較的簡単に確かめることができます。4トントラックとは最大積載量が4トンというものです。しかしこの積載量に少しの差があっても4トントラックと呼ばれていることがあります。4トンアルミトラックといわれるものは車両の大きさが8540mmで、全幅は2280mmで高さが3500mmとなっています。

荷台に関しては長さが6400mmで幅が2150mmで、高さも同じとなっています。荷台の横が羽のように開くウイングトラックでは、車両の長さが8485mmで、全幅が2260mmで、高さが2550mmとなっています。荷台はその長さが6225mmで幅が2230mmで、高さが2400mmとなっています。これらが各メーカーによって少しずつ異なっているのです。荷台が箱形になっているものは、密閉されると言うことで、小さなものでも荷台から落ちるという心配がありません。また天候に左右されると言うことがなく、風や雨の影響を受けません。鍵がかけられるようになっているので、積み置きをすることも可能です。これと比べて平ボディのものは、クレーンを使ってのせるような重いものを運ぶのに適しています。駐車場での高さ制限にひっかかるということも少ないです。また荷台に幌が使われているトラックがありますが、これは平ボディーとアルミトラックの中間の働きをするというようになっています。したがって雨や風にもある程度は耐えることができます。

トラックに関しては質量と容量は異なっています。車のボディが大きいので重たいものをたくさん乗せることができるかというと、一概にそうとは言えません。ダンプと言うものはコンクリートなど重量の重いものを運ぶのに対して、アルミのトラックは重量の重いものばかりを運ぶと言うことではありません。したがってさまざまな用途に合わせてトラックの寸法も設定されているのです。